となりのスミカ

とっちらかった毎日に終止符を!目指せ、暮らしのアップデート

【無印良品】ユニットシェルフを追加して、子どもの収納を気持ちよくしたい【収納】

無印良品にてやわらかポリエチレンケースを購入してリビングの収納にあれこれ思いを馳せています。追加購入分、早く届け届け〜っ

やわらかポリエチレンケースで片付けたいところ【無印良品週間】 - となりのスミカ

さて、そんな箱ばっか買ってる私ですがタイトルの通り今回は大物も1点購入しました!

無印のパイン材ユニットシェルフでパーソナルスペースを確立する

これが今回の目的です。

次男が生まれ、おもちゃの整理をして二人で1つのシェルフでやってきた2年でしたが…次男のおもちゃが増えていって長男の物の管理が行き届かなくなりました。

① 長男のおもちゃを次男が出す(出し方がひどい)
② 自分のものだけど自分は出してないから片付けたくない
③ 自分のものでしょう。大切じゃないのか!と怒られる

これが定番の負の三連セットになっておりました。

片付けるにしてもひたすら上段に積み重ねていくだけ…触るたび何かが落ち放置される暗黒ループ…

スミカ

もうだめだ!もう限界だ!!とにかくなんとかしなきゃっ

現在の問題点を洗い出してみる

私が考える問題は

① 容量オーバーで収まりきらない
② 持ち主と遊ぶ人間が違うことによる責任問題
③ 片付けを急かされることによる積み上げ

この3点です。特に厄介なのが②ですが少しずつでも快方に向かいたいです

問題1:容量オーバーで収まりきらない

次男が生まれ物は増えましたが、長男が小さかった頃に比べて収納スペースは縮小傾向でした。

当時より家具や物が増えたので仕方がない…といえば仕方がないんですが、多分これはよくありませんでした。

収納を増やすのは解決になっていないかもしれませんが、今回は「自分のスペースは自分で管理する」ということも意識したいので追加に踏み切りました。

問題2:持ち主と遊ぶ人間が違うことによる責任問題

長男はそこにあるおもちゃをかたっぱしから組み合わせてあれこれ遊ぶタイプ。次男はとにかく兄のおもちゃ(やたらジャラジャラしている)を床にぶちまけます。

その二つが融合するとどうでしょう!!

次男は自分でおもちゃを片付けることはまだ難しい。長男は、自分で遊んだくせに次男のおもちゃは「自分のものじゃない」と片付けを放棄し…自分のおもちゃは「自分が出してない」と言うのです。

スミカ

じゃあこれ誰が片付けんのよ

これでプツンとなりまして「お母さんが片付けるのか?それ一生続くのか?自分でなんもできん大人になってもいいんか!」とネチネチネチネチ嫌味を言ってしまう嫌な日々です。

最近はこの片付け問題で長男だけでなく私も泣く日々なのでそろそろ救いが欲しい

せめて「このスペースは自分で責任を持って気持ちよく管理して」ならできないかな?と考えています。

問題3:片付けを急かされることによる積み上げ

早く片付けなさーい!

と言われると、遊んでいた場所からおもちゃの棚に移動さえさせればいいと思っているようでおもちゃ棚にひたすら山ができます。

これは意識が「片付け」ではなく「早く」に行ってしまっているがゆえ起こる問題。「早く」つったって早くなるわけではないんだから、こんな言葉封印してしまいたいんだけど…どうにも漏れ出てしまう「早く早く早く…」

私もかなりペースがとろいんですが、長男も負けじとのんびり。さらに夫譲りの「気にならない」性格が追加されて…もうどう導いていいのかお手上げ状態です。

ひとまずリセット状態を整えて、いろいろなハードルを下げることと行動の目的を間違えさせないような工夫が必要そうです。

購入後、まずは設置してみた

これ、仮設置です!!

おもちゃ棚の仮設置

今後大幅な模様替えを実施する予定なのもあるし、何よりまだ追加のボックスが今月半ば以降にならないと届かないのでイメージ膨らませるための設置って感じです。

始まりの1枚って感じですね。

ここからどう整えていくのか、試行錯誤の日々です。長男の収納については、長男とめいっぱい話し合いながら決める予定でいます。

そしてできたら手持ちのおもちゃの断捨離もどんどん進めて行く!親子で頑張って取り組んでいきます